This Category : モニター企画

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎グリーンステイツアー2日目-②

2010.03.09 *Tue*
おなかいっぱいになった私たちは、次にいちごのデザート「長崎さちのか」が待つ雲仙までバス車内の揺れに耐え切れずお昼寝…。

一時間ぐらい走ったところで無事に雲仙に到着しました。










まず、訪れたのは南高選果場です。こちらでは長崎県内の約4割のいちごが出荷されています。
「さちのか」は平成8年に誕生。食味・香味に優れる「とよのか」と着色にすぐれる「アイベリー」の間に生まれた品種です。関西では主に「とよのか」関東以北では主に「さちのか」が出回っています。

いちごはデリケートなので、検品は人の目で行われます。


いよいよ、いちご狩りのビニールハウスへ移動です。
こちらのいちご狩りの体験に関しては、NPO法人がまだすネットさんがお世話されているようでした。がまだすネットさんは農林漁業と連携し体験プログラムを通して観光とのコラボレーションを目指して活動されているそうです。











いちごが高いところからぶら下がっています。こういうのを高設栽培というのだそうです。立ったまま収穫ができます。美味しいいちごは、やっぱり大きくて赤いものだそうです。大きいものほど完熟で甘いと教えていただきました。
さっそく選んで食べてみました!この日の気温は、5月並みでビニールハウスはかなり暑くていちごも柔らかくなっているのでは。と心配していましたが、そこは果肉がしっかりしている「さちのか」。まったくそんなことはなく、美味しくいただきました。食べながら、お土産にするパック詰めも怠りません。気がつけばいちごがパック山盛りになっていました。










収穫体験が終わった後、新しい品種の「恋の香」を試食しました。これがまた香り高くてなかなか美味しい!まだ市場にはほとんど出回っていませんが、味もネーミングも良いのでブレイクの予感がします。スーパーで見かける日を楽しみに待ちたいと思います。

生産者と参加者との意見交換で、パックにつめてあるいちごの量について、適当かどうかをきかれました。最近パックのいちごは量が多い。という意見もあるそうです。確かに、二人家族で、一回に5個程度食べるぐらいならちょっと多いのかもしれませんね。ですが、参加した私たちはいちごが好きな子どもがいる家庭では、1パックぐらいすぐになくなってしまう。という意見が多かったです。


最後に生産者さんとの集合写真を撮って、グリーンツアーは終了です。

飛行機の出発まで時間があったので、お土産屋さんでお買いものの時間をとって、空港へと向かいました。
かなり買い物をしたにも関わらず、空港でもまた美味しい練り物に出会い、購入。
売店で、九州の人がこよなく愛しているという「ブラックモンブラン」というアイスを発見し、迷うことなく購入。(笑)

いやあ、ほんとに長崎はいいところです。
美しくて、食べ物がおいしくて、人はやさしくて。
実は私、昔旅行会社の添乗員をしていたことがあり、九州もかなり周りましたが、長崎はやはり独特です。

昔から貿易の中心地だったこともあって、長崎には色んな文化があります。キリスト教の建物がたくさんあるかと思いきや、ちょうどランタン祭りの最中だったので、中国的な雰囲気もあり。佐世保にはハウステンボスがあったりと、面白い街です。

今回は普通のツアーとは違って人とふれあい、色々と体験をさせてもらったので、とても印象に残る旅となりました。

このブログをご覧になった方々が少しでも長崎に興味を持っていただければ幸いです。
そして、ぜひ「ブランドながさき」を食べてみてください。

お問い合わせ
長崎県物産流通推進本部
095-895-2623
「めぐみの長崎」ホームページ
www.pref.nagasaki.jp/megumi
スポンサーサイト

長崎グリーンステイツアー2日目-①

2010.03.08 *Mon*

二日目の報告はゆみちゃんが担当します!(一日目はサブリーダーのみほちゃん)

朝起きてみたら、昨日夜まで続いた大雨が嘘のようにやみ、やわらかい日がそそいで海がキラキラと輝いていました。

今日は朝から長崎市は三重町の「新三重漁協」さんへお邪魔して、ごんあじの勉強と神経抜き体験(活〆)、三枚におろしてお刺身でいただこうという、私がとても楽しみにしていた体験です。

アジといっても、みなさんが想像するアジとはひとアジもふたアジも違います!(笑)
まず、すごく大きいです。きくと、グラム300-500円するという高級魚ではありませんか。
ごんあじは、この「新三重漁協」で水揚げされたものを言います。腹部が黄金色に輝いているところからごんあじという名前になったそうです。

漁獲されたごんあじは、海上いけすに移され、一週間程度餌を与えずに活かしておきます。こうすることで、自分の体に蓄えていた脂を使おうとし、身全体に平均して脂が乗るため、牛肉でいえば「霜降り」の状態になります。

そして、活〆をするまでは人間の手に触れないように工夫されています。
            

▲海上生簀から空飛ぶ桶でごんあじが運ばれます。  ▲きらきらしたごんあじ


           
▲神経抜き体験                      ▲無事にお刺身に。


三枚下ろしにしているところは、みな真剣にやっていたので写真はないのですが、新三重漁協の女性部直売所の「はまいそ」さんのおかあさんに教わりました。

お刺身のお味は、新鮮なのでコリっとしてて、でも脂はとろっとしてて、とってもとっても美味しくてみんなでぺろっと食べました。
ごんあじのアラもお吸い物にしていただきました。めちゃめちゃ美味しかったです。

こちらで、干物やかまぼこ、手摘みのアオサなどをお土産に購入してクール宅急便で送ってもらいました。すべて女性部の方の手作りです。

●問い合わせ●
長崎市新三重漁協
女性部直売所「はまいそ」
TEL 095-850-2125


ちなみにその30分後の昼食。ごんあじのどんぶりです。お腹いっぱいだから食べられないかもと言っていたのですが、これまたぺろっと平らげましたとさ。

さあ、次はいちご狩りだあ!

長崎グリーンステイツアー1日目-④

2010.03.07 *Sun*













======ツアー一日目を終えて======



今回の旅でゆみちゃんと私は4歳児の子どもたちを家に置いてきました。子どもを産んでから、”子ども抜きの旅”なんて体験初めてでしたが、パパやお友達の

協力もあり、ママだけで長崎を飛び回ってきましたよ。



このツアーの参加者は私たち以外に4組の方(皆お子様連れでした)で、今回のツアーの

運営を任されているスタッフの方々と主にマイクロバスで移動し、様々な体験を通して

長崎の魅力を学んできました。

それはとっても貴重な体験で、初めての長崎でしたが、長崎ファンになりました。

長崎産品だけでなく、長崎への旅もおススメしたいです!楽しかった!

それともうひとつ強く感じたことは、今回小さな子ども連れで参加していたママたちを

そばで見ていて、「ママってかっこいい!」ってこと。

私とゆみちゃんは大人二人だったから、バスの中でも二人でおしゃべりをしたり、

眠かったら昼寝したり、マイペースで行動ができた。

でも小さな子どものママってば、移動中でも子どもが起きていればずっと子どもと

おしゃべりしたり、歌をうたったり、遊んであげたり。

自分のための時間なんてないよ。



体験するメニューでは危険を伴うものもあるから、常にピンと緊張しながら子どもに

目を配って、でもモニターツアーだから教えて下さる方がいれば写真をとったり、

取材したりで体も脳みそもフル稼働。



今回は客観的にママたちを見ることができてよかった。

「ママ業ってすごい!」と尊敬の念を抱きました。



毎日の生活だって同じこと。

これを読んでくれたママたち、ママってすごいことを毎日やってるよ!

是非、自分をほめてあげてね!


長崎グリーンステイツアー1日目-③

2010.03.07 *Sun*
======第2章======




そこからいよいよフライト、長崎空港へ!

天候は曇り。でもさすが九州暖かいです。着こんでいた上着を一枚脱いで、深呼吸しました。

流山とは違う、山や海の匂いが混ざったような・・・すっきりとした空気がありました。



そこから貸し切りのマイクロバスで揺られること約1時間。

佐世保に到着。

JAながさき西海の方々と合流し、佐世保みかんの収獲体験です。



体験農家に伺ったのですが、道が細いため、バスをとめてそこまでは皆で歩いていきました。

そこは佐世保の海を見渡せる、日当たりのよい場所でした。



ハウスの中に入ると、柑橘系のすっぱさや、実が熟して落ちた後のような感じの混ざった

香りが漂っていました。

昔、祖父がみかん農家をやっていたので、私にとってはなつかしい香りです。



お話はJAの野田さん、永田さんから。

農家というと、おじさん、のイメージがありますがお二人はたぶん30歳前後くらい・・・?

お若い方がこの立派な農業のお仕事をされているということで、まず関心しました。



●木の限界!完熟みかん



こちらのみかんは通常10月~11月に収獲して出荷します。

だから現在、木になっているみかんは「完熟みかん」。

木のギリギリ限界まで完熟させ、そこから3月に収獲する完熟みかんは、とても人気があり、

単価も高いそうです。

多分、通常うちでは食べる機会がないほどの高級品。

どんな味がするのか、楽しみになってきます。



みかん作りに際してのご苦労は、やはり台風だそうです。

みかんがたくさん実をつける10月にも台風がやってくるので、木を守るためのビニール

ハウスは強い雨風で飛んでしまうことも多々あるそう。

その度にまたビニールをつけなおさなくてはいけません。



●水分管理!みかんの木の下に白いシートが・・



また、みかんの品質を一定にするために「シートマルチ栽培」を行っていることが特徴の

ひとつのようです。

みかんの木が土と接触する部分に白いシートが敷かれていましたが、それが太陽の光を

反射させるとともに、根からの水分吸収をグッと抑え、通気性を良くすることで、

味が濃いみかんになるとのこと。



●みかんってこんなに美味しかった?



そしてお待ちかねの完熟みかん収獲タイムです!

小さいものが味が濃く、大きいものは淡泊になる・・・とのお話を聞いて、

早速、小さなみかんをハサミでパチンと切りました。



その場ですぐ皮をむいて、口に運ぶと・・・甘い!

みずみずしい果汁があふれてきます。完熟みかんってこんなに美味しいものだったのか!

と軽いめまいがしました。

お土産用にと10個程実をとらせて頂き、収獲体験は終わりました。



・・・実は、私みかんがそんなに好きではなかったのです。



祖父が大分県でみかん農家をやっていた関係で、私が小さなころから年中色々な種類の

みかんがゴロゴロしており、小学3年生の夏休みの宿題では、じいちゃんに取材をして

「みかんができるまで」という大作のレポートを作ったことがあるくらいで。

飽きてしまったのか、今では一年に1個食べるかどうか・・・。



そんな私がこの佐世保みかんをもいで、その場で食べて感動してしまいました。



家に戻ってからも、佐世保の海や、民家の軒先に咲いたみごとなミモザの花を思い出しながら

持ち帰ったみかんをもぐもぐ。

むきにくい皮さえも美味しさを増幅させている気がするし、その鮮やかな果肉の色が舌にも

伝わり、酸味と甘みに一層膨らみを与えている。

あっという間になくなりました。



これを書いている今も、食べたいです。

恋しい佐世保みかん・・・。



みなさんもこの長崎の完熟みかん食べたくなったでしょう?

長崎グリーンステイツアー1日目-②

2010.03.07 *Sun*

======第1章「中央卸売市場」見学======




・・・とおもいきや、まずは羽田空港へ向かう前に私たちは大田区にある

「中央卸売市場」に向かいました。

こちらでは、ながさき産品がどのような流れで私たち消費者の手に渡るのか、

その仕組みを学ぶことが目的です。

まさに小学校の社会科見学。



●市場には病院、ホテルもあるよ!



朝は6:31のTXで南流山を出発し、せっかくのツアーがザーザー雨のため、

テンション低めでしたが、市場に入ると見覚えのある「ヤオフジ」のトラックが。

あら!と現実味を帯びてきて一気に目が覚めました。



今回は青果場の見学で、JA全農ながさきの泉さんが引率して下さいました。

この泉さんは長崎の方なのですが、こちらでお仕事をする関係で、家族で

4年間東京暮らしをしているそうです。

長崎訛りのイントネーションで、ここは東京ですが、すでに長崎を感じました。



中央卸売市場では、全国の野菜、果物、魚、花などが毎日一トントラックに

約330台分入ってきます。

市場内には約1万人もの方が働いており、日本一の規模を誇る市場です。



●今の時代にせりは・・・?



市場ではもう”せり”が終わった時間帯で、業者の方が小さな車で商品を市場から

外に止めてあるトラックに運搬するところでした。

(よくTVなどで築地の様子をやっていますよね。)



市場といえば”せり”のイメージがありますが、現在ではスーパーの大型化により

せりに間に合わない等の問題により、全体の5%程しか”せり”はないそうです。



量販店の力が強くなり、直接価格交渉を行う”相対取引”というものに移行されて

いるということでした。



●長崎応援団



市場を上から眺めていると、長崎でイチオシのみかん「味っ子&味まる」の段ボール

をみかけて「おーこんなところにいたのか」と、いつの間にか長崎応援団の

気持ちになっていました。



会議室に行き、大人はびわの葉のお茶、子どもにはみかんジュースを頂きました。

これから長崎に行くのね~、と更にテンションアップ。

JA長崎さんの暖かさを感じました。



●長崎で収獲され私たちの口に入るまでの日数は?



会議室では泉さんから、図を使って流通のお話がありました。



1日目:長崎の農家で収穫されたいちごやみかんたちは

2日目:JAの集出荷場に集められ

3&4日目:長崎を出発。トラックで約二日間かけて中央卸売市場へ

4or5日目:スーパーなどの小売業者が買い上げていき、いよいよ消費者の手に渡ります。



収穫から私たちの口に入るまで、こんなにも色々な人の手や時間がかかっているんですね~。



●卸売市場流通と産地直送



現在はネット販売なども気軽にできる時代ですので、生産者から直接購入することも

できます。

我が家でも野菜は栃木の生産者から直接送ってもらっていますので、収穫から1~2日後

の野菜を食べることができています。



しかし、生産者側からすると直接対個人と売買する場合に、代金回収が難しかったり、

先延ばしになってしまうリスクもあるために、確実に、素早く代金回収が可能な市場

流通機能は合理的であるということで、現在、卸売市場流通は全生産物の70%を占めて

いるそうです。



●いちごは常温で大丈夫?



それから食品の品質管理の面ですが、いちごを例にすると、収穫されてからトラックで輸送、

市場に保管されている間もすべて”冷蔵”で温度管理がされているそうです。



でも、スーパーで店頭に並んでいるいちごって、入口のすぐそばとか、目立つ場所で

”常温”で置いてありませんか?

スーパーで冷蔵コーナーにおく場所がないのと、目立たないので売れなくなって

しまうのが理由だそうですが、品質の面では本当は冷蔵庫に入れて欲しいそうです。

私たちができるのはただ一つ!

買ったらすぐに!おいしく食べましょうね!

プロフィール

ゆみちゃん(withママ流山)

Author:ゆみちゃん(withママ流山)
withママ流山は子育ての口コミサイトを運営していますが、ネットを越えたリアルな場づくりにも力を入れています。
・新米ママ講座(流山市市民活動助成金事業3年目)
・WM(ワーキングマザー)の会
・みかんクラブ(赤ちゃん~未就学児ぐらいの育児サークル)
が主な活動です。その他、各NPO・任意団体とのコラボレーションで防犯活動や様々なイベントを実施しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新コメント



カテゴリ

未分類 (32)
新米ママ講座 (9)
モニター企画 (8)
みかんクラブ (24)
WMの会 (6)



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



QRコード

QR



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ



最新トラックバック



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © withママ流山 オフィシャルブログ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。